太っていることに悩んでいる女性の画像

オーリスタットとは肥満治療薬の1種です。経口服用をすることで腸内のリパーゼという酵素に作用して脂肪の吸収を防ぎます。正しく使うことで食事制限のしないダイエットを実現できますので、ぜひ当サイトをご覧ください。

オーリスタットで停滞期脱出、低炭水化物ダイエット

頑張ってダイエットしているのに痩せないというのが、停滞期です。
カロリーを減らしても、糖質や脂質を減らしても何をしても痩せない期間です。たいていのダイエッターは、停滞期で挫折してしまいます。
人間は苦労が報われていると感じるからこそ、辛いことを乗り越えられるものです。しかし、それが全く感じられないとなると、嫌になってしまいます。
ダイエットに停滞期はつきものですから、これを乗り越える方法を事前に考えておきましょう。
方法として、オーリスタットというダイエット薬を取り入れる方法があります。オーリスタットは脂肪吸収阻害系のダイエット薬で、摂取した脂質のうち30%を食べなかったことにしてくれます。
最初からオーリスタットに頼り切ってしまうとお金がかかりますが、停滞期を乗り越えるために一時的に使うのであれば、問題ないでしょう。
オーリスタットは食欲抑制系の薬と違い、長期的に使っても大きな害がないとされています。ただし、一部の服用者にオーリスタット服用に関与すると考えられる肝障害が報告されているので、なるべく短期間使うのがオススメです。
日頃の食事方法では、低炭水化物ダイエットがオススメです。炭水化物を1日60gに抑える方法で、血糖値の上昇を防ぎ、インシュリンの分泌を抑えることで体脂肪の蓄積をさせないようにする方法です。
何をしても痩せないからといって、自暴自棄になってしまうのは一番ダメなことです。ダイエットは長期的に付き合っていくもの、いずれは痩せていくと前向きに考えて、できるだけ体重のこと以外のことを考えるようにしましょう。
例えば、以前よりも階段がスムーズにのぼれるようになった、歩くのが速くなった、など良いところだけを探してみましょう。